teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


大津

 投稿者:hiromi 彦坂  投稿日:2017年10月12日(木)10時43分3秒
  へ、先週金曜から2泊で行ってきました。そこで人権擁護大会があり、滋賀県弁護士会がホスト
となって面倒を見てくれるので、翌日からの琵琶湖巡りに参加。といっても、最初の近江八幡の
水郷めぐりで舟に乗っただけで、次の酒蔵見学(試飲はしたけど)もナントカ観音も歩くのは
全てオミット。それだけ脚が弱っているということ。

もっとも、往きの新幹線に乗る時に私が13号車を16号と勘違いして、3両分も歩かせてし
まったというのも原因なのだけど・・・(ホームをずっと歩いた上に)

翌日は綺麗に晴れて今度は暑いくらい!鳥人間のコンテストをやる長浜ロイヤルホテルの隣から竹生島へ30分船で渡り、そこでも階段が凄いから船着き場の休憩所でのんびり。
そして彦根城の下でお昼を食べて、そのままそこのロビーでゆっくり。もう一人そういう方が
いらして、あとの30数名は天守閣を目指して歩いて行った。(実際には暑さと急な山登りに
へたって回避だったらしい)

そうそう、参加者の中に15期のH先輩がいらして、主人はお父様を良く知っているので40数年ぶり。私は東京立華ではお会いしていなかったのだけど、もう札幌に帰って弁護士をしていらっしゃると。

旅行会社の世話役ははっきりした物言いで分かりやすかったのだけど、バスのガイドさんは関西
弁で、しかも変に丁寧な言い方をするせいか、聞きとって理解するのにかなり疲れてしまった。
広いひろい琵琶湖を「うみ」と呼ぶという感じはよくわかったけれど、どうもとりとめのない
感覚が残っている。
帰りも、新横まで来てから間違った乗り換えをしてしまって、更にくたびれて帰宅。
主人はやっと疲れが抜けてきたところです。
 
 

言霊

 投稿者:MIYO  投稿日:2017年10月 2日(月)22時00分54秒
  人が何気なく発した言葉も、ある立場にいる人の言葉として、どんな風に響くかを、今回の混迷の政治の世界の中の小池さんの言葉の中で思いました。
国連のトランプ大統領の言葉も、それに追従した安倍さんの言葉も、どんな政治的意図があったとしても相手に対する礼儀を失するような言葉は、聞き苦しいと思いました。言霊 日本人は礼儀を大切に生きた民族だと思います。 言霊を軽んじる人は 私は好きではありません・・・

 

入院

 投稿者:hiromi 彦坂  投稿日:2017年 9月30日(土)00時48分58秒
  まだ何も書かないうちに投稿を押してしまったようで・・・
美代さんの足、入れたものは出さなくちゃいけないわけなのね、まだ暫くは不自由な生活をしているの
でしょうか?
 先日次男が出張で来ていた時に、彼の高校の友人が堤防から転げ落ちて首を損傷したとの連絡がきて、相当なショックを受けていました。
帯広でのこと。友人と飲んで別れ、一人で歩いていた時で、顔も打ち、携帯にも届かず、雨の中一晩そのままだったらしく、札幌へドクターヘリで搬送したものの、また美唄の専門病院へドクターヘリだったと。奥さんが、電話で「もう、ずっと介護になるんだろうか?・・・」と泣いていたとのこと。
次男たちが53歳、奥さんは7歳下というからまだ40代ですものね。

一生懸命慰めはしたものの、脊髄損傷で車椅子生活になるだろうね、と私には。「まともに歩けるって
大事だよね・・・」と珍しくしんみり言っておりました。
私も、近頃とみに歩くことが不自由になってきた主人に付き合っていますが、普通に歩けることが如何に大事か、つくづく思っています。
 8月から主人はカスタムメイドの補聴器を作り、脳が音に慣れて行くように毎週病院へ通っており
毎日起きるとすぐ、耳に入れて、周りの様々な音(殆どが雑音ですよね)に慣れようとしております。
 

入院生活

 投稿者:miyo  投稿日:2017年 9月20日(水)04時44分43秒
  去年骨折のプレートとボルトをはずす手術の為に15日から、入院生活して明日退院します。
大部屋の空きなくて、3日間は0円で個室。テレビはカード無しでOKだし、ちょっとしたホテル気分で、休養になるかなーんて思いましたが、術後は痛いしね…。自分の足首に、こんなプレートと大小10本のネジが入っていたのかと、ビックリ(>o<)
昨日午後から大部屋移動して、五人部屋へ。
カードで、イヤホーンつけてテレビ見ながら、色んな音が耳に入り、ここが病室であることを実感。歩ける事の大切さ、車椅子で過ごした、嫌でも人の手を借りないと何も出来ない事も有ることを思い出しました。
まだ、スムーズに歩けなく、階段は交互に足が出ません。自分の足だけど使って慣れてファイト♪♪ 当たり前のことを 感謝 病室は、それぞれの人生が詰まっています…。お隣の方、お話好きかご主人が札幌で、私もと答えたら南高との事。これもご縁かな…?
 

2冊の本

 投稿者:MIYO  投稿日:2017年 8月26日(土)11時24分5秒
  読書が中々できない夏ではありましたが、「僕は沖縄を取り戻したい」異色の外交官・千葉一夫
岩波書店 宮川徹志著(NHKチーフディレクター)

荒井代議士がスリランカに農水省からの出向で一等書記官として勤務されていた時の大使でもある千葉一夫さんが、外交官として沖縄と向き合った姿を通して政治の在り方、官僚の在り方、歴史の進められ方を、私達の生きた昭和、平成に重ねてとても興味深くそして引き込まれて読みました。

一読をお勧めします。

もう一冊は私が大阪に住んでいた4年間で、知り合った朝日放送のディレクターだった方が定年後に成し遂げ、この夏出版された「歩いて歩いて日本縦断3000キロ」宗谷岬~薩摩半島

63歳で、宗谷岬から初日は奥様と一緒の行動開始し、(途中癌の手術闘病との休止期間あったけど)、2005年6月~2011年11月までの、歩いての旅の本です。

6年かけて、4回に分けての徒歩での旅です。最後の九州では不整脈に何度も襲われて薬を飲みながら、町医者に診てもらいながら、若くして亡くなった同僚や友人たちのためにも初心貫徹したかったという、歩き終えて。。それほどの感動も襲ってこなくて淡々と飄々としている彼の姿を感じて、私達より5歳年上の先輩でもあるわけで、まだ自分にもできることがあるかもしれないなーんて、勇気を頂きました。

そして、人間だからできること、こんな素敵な男友だちを持てたこと、私も前向きにファイト!!
また、大阪で会えるのがとても楽しみです。感想文をこれから書かなくてならない(笑)
 

ポケモンGO

 投稿者:彦坂hiromi  投稿日:2017年 8月16日(水)00時39分52秒
  13日日曜日、珍しく二人で散歩に。マンション前に出るとパシフィコ方向へ車がギッシリ!
土日でも見たことがない位の渋滞ぶりで、パシフィコの駐車場は満杯とのアナウンスに、皆赤レンガの方へ曲がろうとしている。??とクエスチョンマークのままランドマークまで歩き、ベンチの隙間をみつけて少し休んでから再び自宅方向へ戻ったのだが、ランドマーク周辺(勿論中も)、マークイズ、クイーンズ、もの凄い人人人・・・

夏休みだし、お盆だし、それにしても・・・ガードマンに聞いてみたが、パシフィコで恐竜展を
やってるからではと。ニュースでも出ていたのでそこでPCで調べてみたらな・なんとここら辺は9日からピカチュウに席捲されていたのだと!!
 今日15日が最終日ということで、用事がてらでてみるとこの大雨の中やはり沢山の人びと。
子連れ、ババ連れの家族もいるし、おとーさん一人でベビーカー押しつつ画面見てる人、中年の
ご夫婦、ともかくどこでも歩きながら、突っ立ったまま、見てるから私一人でも歩くのが難しい

去年(だった?)話題になった時はへえ~っ!とテレビを見てるだけだったが、間近で本物に
接して、その勢いというか流行りもんのすごさを感じました。
私なにしろまだガラケーだもんで・・・
 

私も見た

 投稿者:彦坂hiromi  投稿日:2017年 8月15日(火)00時19分0秒
  八時からの前は「アナザーヒストリー」で、オバマさんが広島に来るまでの経緯や、共に原稿を作ったスタッフの話、被爆者たちが、是非広島へ来てもらうためにはと、オバマ氏に謝罪を求めないと決めたこと、捕虜になっていたアメリカ兵12名も亡くなったことを知らせた人などのことをやっていましたね。

12名が被ばくしたことを、アメリカは全く知らせないようにしていたようですが、数日前には
アメリカでの原爆実験の実体が如何にアメリカ人には知られずに行われていたかという番組を
やっていました。そもそもラスベガスは、実験地で働く人々のための行楽地として作られたもののようです。風向きがラスベガス方向の時には実験を行わず、反対側の山を越えた町に流れるのはお構いなしだったようで、時にはうっすらと火山灰のように積もることもあったとか。

当然癌の発症率も高く、何も知らずに暮らしていた人びとを苦しめていたわけで・・・
ふと疑問になるのは、オバマ氏は或いはアメリカの政府はそのこと(自国にも被害が存在すること)を知らないのだろうか??ということです。
それでも、彼の行動のお陰でこれからの世界に希望を見出していけるのだろうと、思えてきて
いたはずだったのに・・・

私はシベリアのことは、北海道に来てからも全く何も知らずに過ごしてきました。アイヌ問題
については少し教わった記憶がありますが・・・でもやっぱり私達の頃は、憲法9条の大切さ
戦争はいけないこと、社会全体がそういう空気でしたよね。
「戦争を知らない子供たち」ではあるけれども、脚のない兵隊さんや様々な人びとも小さい頃に
見ているし、戦争のシッポの端っこは体感しているのだから。
平和になってほしい!平和に暮らしてほしい!!
 

今日のNHKスペシャル

 投稿者:MIYO  投稿日:2017年 8月14日(月)21時59分40秒
  八時から「知られざる地上戦」樺太・5000人の犠牲者 なぜ?終戦後も戦闘が 悲劇の7日間明らかに
を、見ました。
私の生まれは稚内です。母から子供の頃に聞かされた真岡の悲劇
母は、ソ連の人を「露すけ」 と 言いました。 祖父も樺太の木材業をしていたようで、そのころの写真が沢山アルバムにありました。
戦争は、一番弱いところに最後のしわ寄せが来ます。
沖縄も樺太も・・・
小学生の時に沖縄の糸満小学校の子と文通したのは、きっと、シベリアの抑留生活を体験した担任の先生が道筋を付けて下さったのだと思います。
その先生も腎臓病で36歳で亡くなりました。
中学の時に、夏休みに広島の事を調べたくて原爆病院へ手紙を書きました。返事をくれたおじさんと文通しました。
自分でも不思議でした。
今日、この番組を見ながら子供の頃に母が 本当に怒りながら「露すけ」と話したことがもしかして、北海道の子が沖縄や広島と関わった、そしてシベリアの抑留生活の中で、みんな死ぬときは「天皇陛下バンサイ」なんて言わなくて「お母さん」って呼んだこと、黒パンの大きい小さいでけんかしたこと、先生が話してくれたくれたこと。
戦争は絶対に繰り返してはいけないこと。
子どもや孫たちが平和で暮らしてほしいと 改めて 心から 思いました。

真岡の電話交換手の最後の電話を受けた方が、露すけ と 言葉を 言われたときに、北海道の人間にとっての どれだけの時間が過ぎても 消えない 想いを 深く思いました。
 

札幌行き

 投稿者:彦坂hiromi  投稿日:2017年 8月 8日(火)00時00分31秒
  先月末3泊で約7カ月ぶりの札幌へ。今回は純粋に孫達に会いに。台風5号が小笠原近辺で停滞し、どちらへ向くかわからない状態の中、「旅作」でとったために移動はできないので、運天で
出かける。
 分厚い雲を抜けると、窓の外は圧倒的な緑!あぁ、北海道だなと実感する。雨が降ったりやんだり、23度と聞いたのに湿度が高くて鬱陶しい気候ではあったが、翌日は晴れてくれた。
午後、子供たち2人で留守番をしている平岸へ行って1年ぶりの庭を見たり、主人は14歳になった上の子に自分の生い立ちを話したり。

下の子は庭に出た私につきあってくれて、野球をどこで続けるか(シニアグループに入るかどうか)とか、違うこともやってみたいようなとか、6年生にしてちゃんと将来を考え始めていることに感心したり。夕食の回転ずしで、サーモンの爆食いをする二人にあきれたり。

最後の日は二人がホテルの温泉付きランチというのを所望。ハンバーグやらお肉やらを食べて
主人と一緒に温泉に入り、サウナの体験もして楽しんだとのこと。
ようやくゆっくりと子供たちと過ごせて、主人も満足したもよう。頼もしさも少しあり、まだまだ子供でもあり、ともかく戦争だけは味わうことのないよう、祈るばかり。

札幌の街はやはり緑の匂いに満ちていて、こういう香りは他の街にはないように思うのだが。
 

東京札幌会ビール会のご案内

 投稿者:MIYO  投稿日:2017年 7月11日(火)16時32分14秒
  毎年恒例の暑気払いビール会のご案内です。申込締め切りが7月21日です。

日時:7月29日(土)正午~/受付11:30~

場所:恵比寿ガーデンプレイス 「ビアステーション」2階
   03-3442-9731

会費:会員以外4、500円 (札幌会会員4000円)

札幌会が2階貸し切りでの開催です。

東京札幌会事務局 03-3216-5090 担当佐藤さん(幹事の秦・南高 からとお伝えください)

あるいは、秦までご連絡ください。
 

レンタル掲示板
/57