teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


個人的には尊敬出来るのは小松左京さんでした(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 4月 7日(金)20時19分15秒
編集済
  ★筒井康隆センセが炎上していますね…えーっと、何でしたっけ、“液をかける少女”でしたっけ?(こら!…笑)。まあ、かの国が一国家として合意したのにも関わらずそれに関して何も履行しないということには、ほとんどの日本国民がカチンと来ているのは事実でしょう。それは判りますし、私も同じです。でもこれほど高名な作家先生がいくら何でもヒドい…しかもこのことはまたまた相手側のネガティブキャンペーンみたいなものに利用されてしまうじゃないですか、そこに配慮されていないことが問題ですよ(どこかの総理夫人のうかつさと同じかも)。敢えて言うとセンセの名声がどうなろうと知ったこっちゃないですよ(笑)、でも日本国の損益になるようなことはやめてください。まさか、結果、日本国が不利になるように計算して行動に出た…なんてことはないでしょうね?。怪しい活動家ですか?、筒井センセ(笑)。とにかく、日本の大人たちは子供たちの未来が明るくなるような努力をしましょうよ。そして本当は暗い話であっても、嘘でも大人が明るく振る舞ってやらないと、子供たちはどうなるんですか。イイ格好をしてないで、子供たちの未来に繋がるのなら、それが毒であっても我慢して飲んでやりましょうよ(笑)。

★EX『おかしな刑事(15)』を羽田美智子さん目当てで。土曜ワイド劇場枠がなくなったので、ミョーな時間に放映されていましたね。





…ある意味、“蔵ざらえ”というやつでしょうか?(笑)。しかも土曜ワイド劇場枠ではないので、全体の放映時間が少し短くなっていましたね。





…ところで伊東四朗さん扮する主人公の亡き妻の遺影が、筒井真理子さんの若い頃(?)の写真でしたよ(そのクレジットもあり)。以前にも出て来たかな?。ちなみに筒井真理子さんは、このシリーズに違う役で二回出演されています。

★NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』、何だか微笑ましい雰囲気に溢れていますよ。







…文藝春秋社刊《文藝春秋》から、ヒロインの親友に扮する佐久間由衣さん。はっきりくっきりしたお顔ですよね(笑)。お母さんが羽田美智子さんだとは思えない…(爆)。





…ヒロイン一家の家族団らん風景、ホームドラマの王道らしく、お茶の間側(視聴者の)には誰も座りません(笑)。いやいや、実際には各家庭、いろんなところに座るだろ、テレビカメラもないことだし(笑)。





…ところで食卓にあるこの揚げ物、雰囲気から行くとクジラ肉なのでは?。私も子供の頃(45年くらいは以前)には、よく食べましたよ。卵を絡めたピカタ風にしても食べていた記憶があります。ただ残念ながら昔は、かけるものは、ウスターソースかマヨネーズくらいしかないんですよね…(笑)。せめてとんかつソースとかが当たり前のように各家庭にあったら、もっと美味しかったんじゃないかなー。





…脚本担当の岡田恵和さんのうまさが出たなと思ったのは、本日分の終盤です。夜、子供たちが寝入った後に、大人たちが家の経済の話をするわけですが、それを有村架純さん扮するヒロインが聞いてしまう。でももう大人だからと、その輪に入れてもらう(…結果、ヒロインが集団就職をしようとするきっかけの一つになるのでしょうが)。ヒロインは大人の仲間入りをさせてもらったようで嬉しいと言えば嬉しいでしょうが、でも話の中身はなかなか厳しい内容で…こんなシーン、これまでにあまり見た記憶がありません。でもそれがまたなかなかリアリティのある展開だと思いました。何でしょう…“嘘がない”とでも言う感じ?。





…NHKの朝ドラと申しますと、新期の連続ドラマ、TBS『小さな巨人』に出演する芳根京子さん。警察の制服姿が何とも生真面目そうな彼女に似合っているような気はします(笑)。
 
 

関西ロケの証明(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 4月 5日(水)21時38分52秒
編集済
  ★思わず便乗商法(?)に負けてしまったわたくし…(笑)。





…味に違いはないと思うんですよね(笑)。

★ところで、渡辺謙ちゃんの“ゲス不倫(…とはあまり言われていませんね?…笑)”の報道がパタッと鳴りを潜めたかと思ったら、それに言及した某がネット上で大炎上(笑)。「これが世に言う“忖度”か~」とか言っていますが、当たり前ですよ、渡辺謙ちゃんの行ないがイイか悪いかは横に置いておくとしても、そりゃ彼とあなたとでは違いがあるでしょうよ。何か勘違いしていませんか?…そもそもこの世の中は差別だらけだ(だからこそなくそうと努力するべきなわけで)ということが一番判っている人なのでは?。それにそもそも“忖度”のそばには“損得”があるの!(爆)。マスコミその他も叩いてイイ相手とそうでない相手は区別していますよ。どれだけこれまで不自由なく暮して来たんだよ!(笑)。どれだけ周りの気遣いがあってこそ生きて来られたのか、まだ完全には理解出来ていないのですかね?…ほんと、良かったですよ、こんな人物に障害者を代表して政治家になっていただかなくて(笑)。

★TBS『メイドインジャパン』という番組で見たベラルーシ出身のナタリ.wというモデルさんが綺麗な人でしたよ(笑)。





…2001年から日本で活動されているのだそうです。ですから現在は30代中頃以上の年令なのでしょうけれども。





…現役で銀座のお店などにも彼女の写真が展示されているようなので、その世界では一流どころなのでしょうね。このあたりの地域の人は綺麗なのでしょう。友人の坊さまが雅楽の関係で出かけるウクライナも、ただのカフェのウェイトレスさんがとてつもなく綺麗だそうですから(笑)。そうなると、プロで綺麗なウクライナの女優さんとか、どれだけ綺麗なんだ?…と(笑)。そしてベラルーシは、モデルの仕事は国家免許が必要なのだそうです。ある意味、それはイイことですね、厳選されますもんね。AKBのメンバーみたいなのは99%いないってことですよね?(笑)。

…そう思って見ていたら、このナタリ.wさん、16年NTV『真実解明バラエティー!トリックハンター』でダイアナ妃の特集回がありましたが、そこでダイアナ妃に扮されていましたね。13年の映画『ダイアナ』のナオミ・ワッツさんもなかなかのものでしたが、ナタリ.wさんもイケていましたよ。

★栗山千明さん主演のCX『でも、結婚したいっ!~BL漫画家のこじらせ婚活記~』。





…栗山千明さん、こういう明るく楽しいキャラクター設定の役(BL=“ボーイズラブ”の漫画を描く女性ではありますが)をもっともっと演じるべきですね。NHKの朝ドラで尾野真千子さんをおんぶした時から(笑)世間の彼女を見る目が変わって行ったように思いますが、彼女自身は本当に可愛い心根の方なので、怪しげな役柄はもう卒業していただいて(笑)。

★ご覧になりましたか?、EX『人間の証明』。面白いのは、神戸ポートピアホテルや近江鉄道株式会社(横川駅のロケとか、そうじゃないですかね?)、京都工芸繊維大学、嵐電、滋賀ロケーションオフィス(富山県新湊の漁港のシーンも琵琶湖畔なのでは?)、そして東映太秦映画村などの“撮影協力”のクレジットに加え、関西で活躍されている俳優さん(バー“カトレヤ”のママさんに扮していた湖条千秋さんとか)が多く出演されていたということ…つまりは、EXの木曜午後8時の『科捜研の女』シリーズの枠などと同じ体制の作品なのでしょうね。ですからもしかしたら、霧積の峡谷はいつもの(笑)保津峡だったかも?(いやマジで…)。





…主人公の刑事に扮するのは、藤原竜也くん。初代ということで言うと、松田優作さんが演じた役柄なわけですが、当時の松田優作さんは、28歳ですからね。藤原竜也くんは現在、34歳…やはり昔の人は貫禄がありますね(笑)。でもこの刑事役は、なかなかイイ感じだったのではないですかね?。





…鈴木京香さん扮するヒロイン・八杉恭子が営む“ヤスギ・ビューティ・インターナショナル”のマークがいかにも1974年頃っぽい(笑)。ただそう考えると、緒形直人くん(…これを緒形拳さんだと考えたら、ちょっと凄いですよね…笑)扮する主人公の先輩刑事が主人公にチキンラーメン(明らかに…しかも生卵をプラス)を作ってやるシーンがありましたが、1974年ですから、もうカップヌードルなんじゃないかなぁ(笑)。また八杉恭子の息子が乗っていた大型のアメ車、あれも1974年当時だと、かなりの趣味人でないと大学生は乗らないのでは?。私が放蕩息子だったら(笑)、通称“ケンメリ”、前年に出たところの真っ赤な日産スカイラインKPGC110型(ハードトップ2000GT-R)をドーン!と現金で支払ってもらいます(笑)。

…麦わら帽子の形に見えるホテルのイルミネーションや、そして例の有名な主題歌(今回は“EXILE ATSUSHI & Char”のカバーによる)も流れ、かなり77年版に忠実に作られていたと思いますよ。77年版のように、坂口良子さん扮するおでん屋の娘は登場しませんが(私が77年版を見に行ったのは、『犬神家の一族』に続いて坂口良子さんが全て…笑)。
 

本当にあってほしい“やすらぎの郷”

 投稿者:市村  投稿日:2017年 4月 5日(水)19時28分36秒
編集済
  ★今度は復興大臣が舌禍…もちろんこの大臣がうかつなのですが、それにしてもジャーナリストを自称する活動家(…実際には。例えば沖縄県民でもない、基地問題とは直接関係もない、でも反対運動に参加するために沖縄へ入っているというような輩と同根)にまんまとハメられているじゃないですか(笑)。しかもマスコミは都合よく編集しますからね(この場合は大臣を貶めるため。そして「自己責任」という発言だけを被災者の方に見せて意見を述べさせる…これって、つまりは印象操作なのでは?)。まあでもこの大臣を擁護する気にはなれません、あまりにも喧嘩がヘタクソなので(笑)。やはり喧嘩は良くも悪くも冷静なほうが勝ちますね。そういう意味では、元・俳優…失礼、元・二流俳優の(爆)山本某の国会答弁でのイヤらしい物言い(相手に対してわざと感情を入れていない話し方)、ああいうのにはやはり冷静に「なるほど、やはり芸能活動…特に俳優として頂点に立たれた方のおっしゃることには含蓄がありますね、いやー、参りました、はははー…」…などとシラーッと言い返してやればイイんですよ。少しずつ効いて来ますから(笑)。…でもこんな、野党による支持者集めの(逆効果ですが…笑)揚げ足取りなんかに関わっている場合じゃありませんよ。もうアメリカが北朝鮮を攻めようかというこの時に、もっと大事なことを議論しなさい…やはり政治って、つまらない(笑)。

★NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』、やはり岡田恵和作品だからか、優しい視点で描かれていますね。また、ナレーションはマラソン走者だった増田明美さんなのですね。64年のオリンピックが登場するので、アスリートの方にお任せしたのでしょうか?。それでも増田明美さんの優しい口調で、「朝ドラにはヘンなオジさんがよく出て来ますよね。何ででしょうね?」…などという(朝ドラに関する)自虐的なセリフが登場していましたが(笑)。

★EX『やすらぎの郷』、どうです、皆さん、これも録画してご覧になっていますか?。





…まだ本編には登場していませんが、どこかにあるらしい、テレビ業界に貢献のあった人物とその関係者だけが入ることの出来る老人ホーム(?)“やすらぎの郷 La Strada”。外観のロケ地は、静岡県伊東市にある“ホテル川奈”ですが、画面奥に見えている本館周辺はそのままですが、どうやら個別のコテージみたいな建物はCGで(?)合成しているようですね。実際には大きなプールもあるようですが、それも隠されている感じです。まあね、老人ホームにそんな大きなプールがあるのは不自然ですよね(笑)。





…石坂浩二さん扮する主人公である脚本家が足しげく通っているのは、同級生が営む“侘助”という居酒屋です。主人に扮するのは小松政夫さん(テロップが“侘助”と出ましたが、店名だけではなく、店主の名前も“侘助”なのですかね?…ツバキの一種の名前ですよね?)。福井裕子さん扮する内儀と注文が通った通っていないでモメますが、自分が忘れていたことが判明すると、「こりゃまた失礼いたしました…と」(しかも小さな声で…笑)。





…店を手伝う孫娘に扮しているのは、野村麻純さん。一瞬、「須藤理彩さん、若返ったな」…なんて(笑)。





…それにしてもやはり倉本聰作品、放映期間が2クールだということもあるのか、余裕ですよね。だって、第3話になっても、石坂浩二さん扮する主人公と、近藤正臣さん扮する旧知のテレビディレクターの会話がほとんどなんですよ(笑)。しかも「業界では噂だけの都市伝説みたいな“やすらぎの郷”、実は本当にあったんだよ」…という話に終始していますよね。ただ、石坂浩二さんはともかく(笑)、やはり近藤正臣さんがイイですね。テレビ局の社員だったこの男性は、“やすらぎの郷”に入居する資格がない(会社員としていろいろ保証があるので)と言われ、「理不尽だ!」と怒るところがイイですよ(笑)。やはり我らが“京都のオジさん”、イケています。

…でも確かにしっかりした脚本で、じっくり見せてくれてはいますね。出演者の顔ぶれも潤沢です。主人公が公園で出会う犬を連れた婦人に扮しているのが、岩本多代さんですものね。もう出て来られませんよね?、舞台は“やすらぎの郷”に移りますものね。主人公の息子の嫁に扮する森上千絵さん(倉本聰作品では見る女優さん)や孫娘に扮する山本舞香さんなどは、いずれまた登場されるかもしれませんが。
 

画像のサーバーはそのうち復旧すると思いますが???(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 4月 3日(月)01時01分21秒
編集済
  ★5月には衛星劇場で、56年『極楽剣法 地獄剣の挑戦』と62年『何もかも狂ってやがる』という日活映画が放映されます。チャンネルnecoよりレアな日活映画が放映されるって、どういうこと?(笑)。こうなったら、衛星劇場のほうで芦川いづみさんの未見作品を放映してもらいましょうよ(笑)。

★YTV読売テレビ『~旅ぷら』で、橋本マナミさんが角田信朗くんと一緒に、長崎県を訪れておられました。





…そんな中、くぐり抜けられたら恋愛が成就するという背の低い小さな鳥居に橋本マナミさんがチャレンジ!。







…お顔は特には興味はありませんが、やはりその肢体(角度とか仕草とか…笑)は色っぽくてイイですね。確かに“愛人”っぽい(笑)。

★NHK『4号警備』のスポットみたいなものも流れ始めましたね。





…阿部純子さんが警備される側の女性に扮しておられます。しっかり警備してあげて!(笑)。





…窪田正孝くんって、ほんと、“がなる”シーンが多いような(笑)。でもそこに若さの爆発みたいなものが感じられますね。これ、新『男たちの旅路』みたいなものを目指していませんか?。
 

“ん”が入っていない『ひよっこ』

 投稿者:市村  投稿日:2017年 4月 3日(月)00時39分14秒
編集済
  ★閑話休題…でも閑話休題ながら、関連の話題なのですが…(笑)。有村架純さんのお姉さんであるグラビアアイドル(?)が改名されたのだそうですね。“新井ゆうこ”名義を“有村藍里”名義に…本名なのでしょうね。しかし、物事を斜めから見るような態度で申しわけないですが…なぜ今?。なぜ、妹さん主演のNHK朝の連続テレビ小説が始まろうとするこの時に?(笑)。そしてこの件に関して、mixi上でつぶやいている人の声に思わず笑ってしまいました。「私が芸名から本名に戻してほしいのは、この人ではない」(笑)。いずれにせよ、兄弟や姉妹がそれぞれイケメンや美人だったらイイのですが、そうではない場合、その人気のある当人にも影響が出ることもありますからねえ。その良い(いや、良くはない…笑)例が、上野樹里さんとそのお姉さんね…。絶対、上野樹里さんに何らかの影響があったでしょ?(笑)。

★そして、NHK『ひよっこ』をもう少し。同じく前述の番組から。





…ヒロインとその幼なじみたちの母親に扮する木村佳乃さんと羽田美智子さん、柴田理恵さんの対談あり。柴田理恵さん扮するオバさんって、どこにもいますよね(笑)。





…撮影中、カエルをつかまえた有村架純さん。それを見て「ディレクターの背中に入れちゃえ」とか言う木村佳乃さん(笑)。







…稲刈りのシーンでは、一日で稲を刈り終わるまでのシーンを撮影しなければイケなかったので、一つのシーンが終わると、大勢の地域の方たちの協力を得て、どんどん刈って行ったのだそうです(笑)。





…今回の時代考証は、しっかりしているかも?(笑)。沢村一樹くん扮するヒロインの父親の後ろに見えているのは、オート三輪のダイハツ・ミゼット。東京オリンピックの垂れ幕も見えています。





…そしてそんなヒロインの父親が見上げるのは、東京オリンピックの開会式で飛んで、空に五輪を描いた航空自衛隊のブルーインパルス。本番で初めて成功した(ちゃんと五つの円が描けた)そうですよね。

…この時代がある程度は判っている私と同じ歳の岡田恵和さんの脚本(しかも具体的なモデルがいない)なので、期待していますよ。

…ところで、NHKの受信料に関する告知スポットですかね、「ウウー…ワォ!」の岡田結実さんと羽田美智子さんが母娘に扮して踊っておられますね。こんなところにも“逃げ恥”効果が?(笑)。
 

もう今朝からスタート!

 投稿者:市村  投稿日:2017年 4月 3日(月)00時35分29秒
  ★国の教育問題、教育勅語は決して悪いものではないと思いますが、銃剣道には違和感を感じますね。自分がちょっとかじったことがあるからというわけではありませんが、武道を学ぶのであれば、男女ともに学べる(一緒に授業するのも可能)と思う合気道が一番イイと思いますけれどもね。特に女性には護身術としても有効ですしね。精神修行みたいなものにもイイと思うのですが。…それはそうと、例の大阪の学校の問題も、いつまでやってるねん!?…という話です。今、大事なのは、こんな瑣末な案件ではありませんよ。いつアメリカが北朝鮮を攻めるのか、そしてそれを中国は看過するのか…そのあたりだと思います。妄言癖のある一家が経営しようとする学校の話なんて、もうどうでもイイんです!(爆)。

★NHK朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』、終わりましたね。いろいろ意見はあるみたいですが、私はこの作品、決して悪くはないと思いましたけれどもね。





…悪役だったはずの土平ドンペイくん扮する男性も、商売が盛況であるということが新聞折り込みのチラシで判るという…この作り手は、登場人物を大切にする人であることは間違いなさそうです。その最終回のキアリス社の創立記念(?)パーティーみたいなシーンでも、出来る限りのこれまでのキャラクターを出していましたよね。

★そして始まるのが、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』。そのPRの番組を見ましたよ。





…茨城県出身のヒロインに扮するのは有村架純さん。新人ではないので堂々とされていますよね。





…「待ってけれー」…みたいな(笑)。あー、そうか、この作り手もおそらく参考にしたのは、往年の日活映画、吉永小百合さんの主演映画群なのではないですかね?。確かに1960年代前半あたりの時代考証の参考になりますよね。ちなみにこのボンネットバス(前の部分が突き出している)、確かにこの頃にはまだ走っていました。当地でも、残り一台くらいがそうだったと思います。市内の郡部のほうへ行くバスだったのか(そちらへ行く機会がない)、乗った記憶はありませんが。





…ヒロインたちは集団就職で東京へ。ヒロインの幼なじみも斉藤暁さん扮する男性の会社に連れられて行きます。生徒たちを引率する先生に扮するのは、津田寛治くん。真面目な雰囲気がよく出ていますよ。山本學さんみたいな感じかも?(笑)。駅での出会いと別れ…そんなシーンも吉永小百合さん主演の64年日活『風と樹と空と』みたいな???。





…沢村一樹くん扮するヒロインの父が世話になるレストラン。これも『風と樹と空と』に登場する上野のレストラン“精養軒”のような扱いかもしれません。





…そしてヒロインは、家電会社の工員に。これはやはり吉永小百合さん主演の61年日活『青い芽の素顔』での玩具工場の生産ラインのイメージなのでは?。工員たちのコーラス部があったりするあたりも、いかにも当時の日活映画っぽいですよね(笑)。





…ヒロインの幼なじみに扮するのは、佐久間由衣さん(画面右)。何だか泰然と落ち着いた雰囲気の人ですよ。





…舎監に扮するのは、和久井映見さん。楽しみです(笑)。
 

『人間の証明』って、何度も映像化されていますね

 投稿者:市村  投稿日:2017年 3月31日(金)17時21分5秒
  ★某男優の不倫報道が話題になっていますね。そのせいで出演CMにも影響が出ているのだとか…“オリジナルの『ゴジラ』を見たことがなかった”だとか、“本多猪四郎監督のことを知らなかった”などと、大笑いしながら(私が最も問題視しているのは、ここです。知らなかったことはまだしも、それを恥だと思ってもいないという点が許せません、日本の俳優として、同じ年令の男子として…笑)話していたことへ天罰が下ったのかもしれませんよ(笑)。

★そんな(笑)文藝春秋社刊《週刊文春》から、鈴木京香さん。







…新作のEX『人間の証明』に出演されますね。ちなみに現在の鈴木京香さんが49歳、初映像化の77年角川春樹事務所『人間の証明』で同じ役を演じられた岡田茉莉子さんが当時、44歳…やはり現代人は、昔の人に比べて(同じ歳でも)70%若いというのは確かかもしれませんね。昔だったら、今の鈴木京香さんの容姿は34歳くらいの人に見えるのでしょう。

★同じく《週刊文春》誌面に“好きな俳優・嫌いな俳優2017”という記事がありました。アンケート総数6900通だそうですが、そこで“好きな女優”ベスト10は…

01 のん    347(得票数)
02 新垣結衣  140
03 綾瀬はるか 138
04 満島ひかり 062
05 天海祐希  049
06 波瑠    040
07 石原さとみ 039
08 木村文乃  037
09 北川景子  036
10 松たか子  031

…絶対、捏造でしょ?(爆)。のんさんファンの誰か(あるいは編集部全員…笑)が操作していませんか?。いくら何でもそこまで支持されているのですかね?。今どき、新垣結衣さんと石原さとみさんが入っているのに、深田恭子さんが入っていないなんてこと、ありますかね?(「それはあんたの贔屓!」?…笑)。何よりこのアンケート総数6,900ということですが、1位から10位までの得票数を足しても900くらいなんですよ。残りの6,000通で(しかも得票数30以下という条件の集合で)そんなに意見が分かれるものですかね?(笑)。最後のほうは得票数1という女優さんが200人とか並んでいるのでしょうか?。
 

就寝前に…

 投稿者:市村  投稿日:2017年 3月30日(木)00時51分18秒
  ★例の大阪の学校の問題、これだけ国会の時間を喰ったら、その予算などで8億円なんてもう吹き飛んでいるのでは?。他のもっと大事なことを話し合えよ!(笑)。

★NHK『べっぴんさん』、もう完全にまとめに入っています(笑)。そんな中、芳根京子さん扮するヒロインの前に、何と!菅野美穂さん扮する亡き母親と生瀬勝久くん扮する父親が現れます。こんなスピリチュアルな展開になってイイのでしょうか?(笑)。そして、芳根京子さんと菅野美穂さんは初めての顔合わせでしょうか?。





…「目には見えなくてもずっと見守ってるよ」…見えないどころか、全員集合してますやんか!?(笑)。結果、夢だということが判りますが(そりゃそうだ)、それにしてもこういうことってあるのではないかと思いますよ。番組放送最終回の吉竹史アナが私の夢に現れたのと同じく(違うよ!…笑)。

★EX『徹子の部屋』、ゲストは浅丘ルリ子さんと近藤正臣さん。





…そりゃそうですよ、高橋英樹さんでさえ、浅丘ルリ子さんの前では借りて来たネコみたいになるわけですから、近藤正臣さんは恐縮しまくりです(笑)。





…近藤正臣さんがやたら「怖い」という女優さんの集団(笑)。新“デンデラ”…いや、確かに近藤正臣さんおっしゃる通り、こんな老人ホームに入ったら“やすらぎません”(笑)。





…腰を痛めて、ずっと寝ている設定が続くそうです…(笑)。





…石坂浩二さん扮する元・脚本家と浅丘ルリ子さん扮する元・女優が久々の再会で長らくハグするシーンあり…ややこしいドラマやなあ(笑)。

★続いてはEX『ミラクル9』、EX『やすらぎの郷』からのゲストは浅丘ルリ子さんと加賀まり子さん、石坂浩二さん。





…浅丘ルリ子さんに叱られる石坂浩二さん(爆)。





…若い頃、モテなかったという石坂浩二さん。(モテないのは)蘊蓄をよく話すからだと指摘する加賀まりこさん(笑)。







…それに比べてモテたことを否定しないお二人。そりゃそうですよ、今どきの女優さんやアイドルとは格が違います。





…最後の最後、ドラマの放映は2クールという長丁場なので、また番宣に来るという石坂浩二さん(笑)。ただ、『徹子の部屋』でも近藤正臣さんがおっしゃっていましたが、台本全冊を捨てずに残しておこうと思えるくらい、“イイ脚本”なんだそうですね。数字とかは心配になりますが(笑)楽しみではありますね。
 

事故が起きるかもしれませんから録画して監視です(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 3月29日(水)07時20分23秒
  >やすらぎの郷週間
★『徹子の部屋』はともかく、夜のバラエティ番組にまで浅丘ルリ子さんが(…しかも石坂浩二さん、そしてそれを挟んでそもそもは三角関係だったかもしれない加賀まりこさんと)出演されるというのは、EXがかなりの力を入れている(もうある意味、“必死”…笑)ということでしょうね。数々の出演者に関しても、倉本聰先生に関しても、ヒドい数字を出すわけには行かないのでしょうね。でも第一週あたりでまさかの一桁発進とかだったら、予定の2クール目が打ち切りになったりしないでしょうね?(笑)。

◆◆◆◆◆◆◆

★NHK『べっぴんさん』、何だかんだ言っているうちに(特に時代考証に関して…笑)、とうとう最終週になってしまいましたね。はっきり申しますと、物凄い感動作だという雰囲気はなかったし、同じく心を揺さぶられるような名セリフ、名シーンがあったわけではないと思いますが、それでも、芳根京子さん扮するヒロインとその周りの人たちが「何か…何かな」と、ゆるーい雰囲気で(逆にそれで会社経営など、大丈夫かなという)人生を歩んで行く姿は、毎朝見るには相応しい、静かで優しい雰囲気に包まれた作品だったのではないでしょうか。ヒロインとその友人たちがいくつになっても、「ええねえ」「素敵やわ」「ワクワクするね」…と談笑する姿は私は好きでした。





…永山絢人くん扮するヒロインの夫が手にしているカメラは、ロゴの部分が隠されているようですが、オリンパスのOM1あたりでしょうね。今週の時代設定は1984年ということですが、私がデザイン学校の写真の授業のために買ったのもこのシリーズ。当時(1979年)、やはり一番“カッコいい”(値段もそれほど高くはない)カメラだったと思います。写真の授業の講師の先生も、「今、買うとしたらこれ」とおっしゃっていました。





…ヒロインの孫娘に扮するのは、渡邉このみさん。ちょっと育って来ましたね(笑)。子役の中では、かなり整った綺麗な顔の人ですよ。このまま大きくなったら美人になりそうな(…急に変わったりするので、何とも言えませんが…笑)女の子です。
 

徹子の部屋、やすらぎの郷週間です。

 投稿者:まさちゃん  投稿日:2017年 3月28日(火)10時02分10秒
  ご存じだとは思いますが、水、木、金と。明日は浅丘さんと近藤正臣さんです。
http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/
水曜の夜のミラクル9は、石坂、浅丘、加賀さんの共演です。
 

レンタル掲示板
/45