teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


女の子だとバレないのはなぜ?(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 9月25日(月)16時53分57秒
  ★テレビ雑誌新号から、浜辺美波さん。





…育って来られて、より“美少女度”が増しておられるような。

★NHK『アシガール』第1話を見ましたよ。





…黒島結菜さん扮する女子高生が戦国時代へタイムスリップする物語。何でしょう、そこまで堂々と「タイムスリップする」と言われると、突っ込みどころ満載なのを通り越して、逆に潔いかも?(笑)。





…現代における学園生活の様子なども登場するので、“時代ドラマ”枠というより、これはもう、“少年ドラマシリーズ”枠ですよ(笑)。





…自宅にこんなたいそうな設備を造り込むなんて…しかもタイムマシンだという…。こりゃやっぱり、完全なる“少年ドラマシリーズ”枠だよ!(笑)。







…どことなく嵐の二宮くんっぽい?(笑)。





…タイムスリップしたヒロインに優しく接してくれる女性に扮するのは、ともさかりえさん。いずれにせよ、どういう展開になるのかはともかく、見続けられそうな作品です。
 
 

今夜も就寝前に…

 投稿者:市村  投稿日:2017年 9月24日(日)02時43分39秒
  ★カルビーのポテチ、“ちりめん山椒味”が美味しかったです(同“たこ焼き味”は平凡な味でした)。もうはっきり“ちりめん山椒”でしたよ。粉々にして、ご飯にふりかけて食べることだって出来そうです(笑)。

★録画したままだったEX『特殊犯罪課・花島渉2』という、内藤剛志さん主演の2時間サスペンスを見ました。警視庁の特殊犯罪課という部署に所属する主人公が、警視庁の管轄外の地域へ出かけ、事件に首を突っ込む(笑)物語。







…主人公がビクビクしている上司に扮するのは、本上まなみさん。“京都もの”なら判りますが、首都圏が舞台の作品にも出演されるのですね(笑)。





…SNSで連絡を取り合う女性4人が闇金を襲って大金を奪うという展開なのですが、最後まで生き残る主犯に扮しているのは、榊原郁恵さんでした。榊原郁恵さんがここまでの悪役というのは、珍しいですよね???。

★NHK『植木等とのぼせもん』第4話。





…どこかの海岸で映画の撮影が行なわれています。こんなシーンはなかったと思いますが、どうやら65年の東宝=渡辺プロ/東宝『大冒険』の撮影風景のようです。





…ただスタッフが持っている台本には、『クレージーの大暴走』と書かれてありますね。仮題だったのでしょうか?。





…ついに谷啓さんの「ガチョ~~~ン!」のシーンで、カメラが前後に揺れましたね。きっと初回放映後あたりからNHKにメールとかが届いたのではないですか?、「画面を揺さぶれ!」とか(笑)。すでに収録は進んでいますから、やっと間に合ったのが、今回放映分なのでは?(笑)。





…奥村チヨさんに扮する鈴木愛理さんは、アイドルユニット“℃-ute”のメンバーだったのですね。





…中島渉くん扮する若手男優は、久野征四郎さん。Wikipediaには、仲代達也さん主演の『殺人狂時代』における松葉杖の殺し屋役が代表作みたいに書かれてありますけれども。実際には、クレジットなしですが、63年『クレージー作戦 先手必勝』や『日本一の色男』、64年『ホラ吹き太閤記』、66年『日本一のゴリガン男』『クレージー大作戦』、67年『クレージーだよ 天下無敵』『クレージー黄金作戦』『クレージーの怪盗ジバコ』、そしてクレジットありでは、69年『クレージーのぶちゃむくれ大発見』など(私が知る限り)、クレージー映画には頻繁に出演されています。
 

終わる感じがしない『ひよっこ』(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 9月22日(金)21時54分47秒
  ★「太平洋上で水爆実験」、これ、どういうことなのでしょうね。またまた日本を飛び越えてミサイルを撃ち、その弾頭に水爆を装着しているということでしょうか?。あるいは、水爆を搭載した潜水艦がすでに開発・配備されているということ?。…どちらにせよ、実際に行なわれたら、ついにアメリカとの開戦となるでしょうね。これで何も反応しなかったら、今度こそアメリカも国際的な立場を失いますから、意地でも攻撃を行なうでしょう。…今年も年末に紅白歌合戦を見ることが出来るのでしょうか?。

★それにしても、騒動を起こしたどの女性議員の会見もヒドいものですね(なかなか会見しない人もいるけど…笑)。そして謝罪したとしても、「でも」だとか「だけど」だとかの単語がくっ付いて来て、自己中心的な言いわけが始まります。でまた解散総選挙の結果、再選する可能性も高いですよね(特に「♪泊まろー、泊まろー」の人)…地元の利害関係というやつは、何ものに勝るのですね。やはり政治なんて、本当につまらない…(笑)。

★洋泉社刊《映画秘宝》新号から。





…何はともあれ(笑)、のんさんの連載が始まりました。何でこんなポンコツを(笑)…いやいや、この誌面の元々の作り手である、“映画の周りにいる60年代前半生まれの男子たち”なら、さもありなんという気もします。判官贔屓というような図式が好きなのでしょうね。反骨のジャンヌ・ダルクのような存在は好きなのでしょう、きっと(笑)。





…まぁ面白い絵柄ですけれども(拡大)。ただ、今号は浦山珠夫さんの文責部分もなかったようですし、読むべきところがほとんどありませんでした。それは近代映画社刊《SCREEN》新号も同じでした。

★NHK『ひよっこ』、終わる気配をあまり感じない雰囲気ですね(笑)。





…「大好き…」…このところ、やたらと視聴者に目配せをするヒロイン。もう有村架純さんのプロモーションビデオみたいになって来ています(笑)。

★先日は、NHK『ごごナマ』で中谷美紀さんを見ましたよ。







…芦川いづみさんランクにまで短い髪型、それでも悪くはないあたり、彼女の魅力は本物なのでしょう(笑)。

★NTV『秘密のケンミンSHOW』、今回は“京美人”を紹介していました。ただ、その“京美人”の例として紹介されていたのが、杉本彩さんと吉岡里帆さん、安田美沙子さん、横山由依(AKB48)さん、由美かおるさん、そしてスタジオゲストの三田寛子さん、西川きよしさんの奥さまである西川ヘレンさんなど…もっと他に綺麗な人、いるでしょ!?(爆)。





…「河原町通りで~」とのナレーションがありますが、後ろには大丸デパートのシャッターが(笑)。“河原町通り”としたほうが京都らしいということなのでしょうか。





…こちらは同志社大学在という美人(京都出身かどうかは???)ですが、やはり「河原町通りで~」ということなのに、後ろのピンボケの横長のプレートは大丸デパートのもの(マークとローマ字で“DAIMARU”)…(笑)。“四条通り”ではイケないのか?(爆)。

…それにしても驚くほどの美人が登場しなかったように思います。年令不詳の旅館の若女将が綺麗だったかなという…番組で紹介された他の都市のほうが綺麗な人が多かったかも???(笑)。
 

とにかく正しいことをしているのなら泰然としていればよろしい

 投稿者:市村  投稿日:2017年 9月20日(水)18時50分11秒
編集済
  ★友人の坊さまの記事が月曜(…まさに彼が来訪していた時)の朝刊に掲載されていました(拡大)。





…テレビ出演もそうですが、たまたま当地にお寺があるというだけで(あと、京都市内の伏見桃山にもお母さんの実家である寺がある)、京都の片田舎に閉じこもっていずに、被災地へのボランティアなども含め、全国的な彼の活動を支援したいです。

★テレビ雑誌新号から、新期の連続ドラマ、NTV『今からあなたを脅迫します』の武井咲さんとディーン・フジオカくん。





…武井咲さん、体のほうは大丈夫なのですかね。やはり私はこのディーン・フジオカくん、洋行帰り(?)だというセルフプロデュースは成功したかもしれませんが、主演するほどの俳優さんだとは思えないのですけれどもね。

★NHK『ひよっこ』、ついにあとわずかとなりましたね。結果、菅野美穂さん扮する世津子さんがアパートの住人となって半年ばかりが経ち、有村架純さん扮するみね子の実家で花の栽培が行なわれるようになったというあたりで終わるらしいですね。最終回は、その谷田部家の皆さんが家族歌合戦のようなテレビ番組に出ることになり、そして“すずふり亭”を訪れて、一家全員で食事をする…ヒロインが大成功するわけでもなく、人生において勝者になるわけでもなく、本当に市井の一家族の幸せを描いて終わるのですね。岡田惠和さん、『ひよっこ』スペシャルはもちろんのこと、すぐにでもまた朝の連続テレビ小説を書いてください。まだドラマの中の時代は大阪万博にも至っていません…ついにNHKの朝の連続テレビ小説にパート2が出る!?(笑)。





…もう残りの時間がないという時期なのに、本日放映分も“ゆんたく”だけのシーンでほぼ終わるなんて…(笑)。





…そんな『ひよっこ』のセットをそのまま(?…窓ガラスは入っていずに、何か樹脂の板みたいなものに代わっている感じもします)使っての、ウンナン内村くん主演のNHK『LIFE!~』での“ひよっことひよこ”というコントに出演する有村架純さん。みね子が奥茨城で飼っていたひよこと東京で再会するという展開に(笑)。





…ウンナン内村くんは、そもそもはヒロインと沢村一樹くん扮する記憶喪失の父親が雨の中、会話をするシーン(「嘘だ、そんなの。嘘だ!」「覚えてないなんて、言わねえで」)を再現したかったのだそうですが、こんなことになってしまって…(笑)。それくらい、ウンナン内村くんは、『ひよっこ』にハマッているのだとか。







…ウンナン内村くんのアドリブに笑ってしまう有村架純さん。それでもこんな可愛い笑顔に、あのお姉さんのことがダブッてしまうのです…(笑)。





…有村架純さん、ハワイに行く予定だったのに、岡田准一(V6)くんとの映画の本読みと重なったため、その予定を中止にしたのだそうです。予定では帰国の翌日が本読みの日だったそうですが、「こんなハワイ旅行でうかれポンチになって帰って来て…」…は、共演者に失礼だと思ったのだとか。有村架純さんの真面目な一面がうかがえたわけですが、加えて、“うかれポンチ”という有村架純さん作の(?)新語が出ましたよ(爆)。
 

当地では静かな台風でしたよ

 投稿者:市村  投稿日:2017年 9月19日(火)08時08分41秒
編集済
  ★昨日は友人の坊さまと我が家で歓談しました(私がネットで買って、サイズが大き過ぎた…失敗した空気清浄機を引き取ってもらうための来訪)。相変わらずのバカ話に終始したわけですけれど、解散総選挙を含め、なぜ現総理がミョーに強気なのかの理由を聞きました(もちろん彼の研究成果ですが…笑)。その件にも関係があるのですが、彼の研究では、日本国の(皇室の)隠し財産(…もちろん南北朝の頃から続く蓄財)は…4京3,000兆円分の金塊があるのだとか…あのねえ、そんなお金があるのなら、被災地とかをシュシュッと救ってあげてよ!(爆)。

★祝日だったからでしょう、NHKの番組がいつもとちょっと違い、『にっぽん紀行』がイレギュラーで放映されていました。





…放映開始直後に気付いたのは、羽田美智子さんがゲストだったこと。羽田さんの出演は巻頭あたりだけで、あとはナレーターでした。録画には失敗しましたが、まあイイか…と(笑)。

★NHK朝の連続テレビ小説、次回作『わろてんか』の宣伝番組(?)が放映されていましたね。







…主演の葵わかなさん、確かに綺麗で可愛い人です。ただ、私はちょっと鼻の形が“濃い”ところが気になります(笑)。








…ヒロイン付きの女中さんに扮する徳永えりさんが、作品の出来不出来(面白さ)を左右するのではないかと推測します。大阪出身ということで関西弁には問題がないあたりも、安心です。







…ヒロインと松坂桃李くん扮するその夫となる男性のそれぞれの母親に扮するのは、鈴木保奈美さんと鈴木京香さん。“W浅野”というのは聞いたことがありますが、“W鈴木”というのは珍しい(笑)。





…案外、違和感があるのは広瀬アリスさんだったりします(笑)。
 

台風は午後11時、当地の西30km!

 投稿者:市村  投稿日:2017年 9月17日(日)21時46分21秒
編集済
  ★「このハゲーーーッ!」の女性議員がCX『Mr.サンデー』内のVTRに出演して、いろいろ言いわけをしていますが、いずれにせよ、どんなことがあろうとも(そして睡眠時間がなかろうと激務続きであろうとも)他人に対して「死ねば」なんて生き死にに関係するような言葉を口にする奴に、どれほどの能力があろうとも、国会議員(…いや、村会議員でも)になど、なる資格はありませんよ。とっととお辞めになっていただきたい。まあでも、舌禍を起こす奴は、だいたいその吐いた言葉が自分や自分の周りに返って来ますね、例外なく(笑)。そして、この女性議員、「恥をさらしてでも」もう一度、議員に復帰したいなどとおっしゃっていますが、一テレビ番組のインタビューでそんなことを言って済ませるみたいな態度のどこに「恥をさらしてでも」という覚悟があるのでしょうか、それが見えて来ません。もっと公の場所で記者会見するべきなのでは?。芸能人の不倫騒動の会見なんてどうでもイイですけれど、やはり国会議員は国民の税金を手にしているわけですから、ウヤムヤで終わらせるのはイケませんよね。

★鈴木砂羽事件(笑)、まぁ、鈴木砂羽が悪いにしても(?…爆)、やはりプロというものに言及すると、降板した二人の女優さんに問題がありますね。やり遂げた後、文句を言うなりしたほうが良かったと思います。千秋楽の帰り道、大道具さんに借りたトンカチで鈴木砂羽を襲うとか(笑)。ただ、この女優さんたちの事務所の言い分では、製作者側から降板を言い渡されたので…というような説明になっていますけれどもね。とにかく、迷惑をかけたのは、チケットを買ってくださったお客さんですよ。二日前に立てた代役がうまく乗り越えてくれたというようなことを美談にしてもイケませんよ、そんな未完成なものを見せないでほしいというのが、お客さんの本心だと思います。そんなアクシデントが起こる点も私が舞台芸術に興味のないところ(そういう、生放送的なところが好きな人もいるのでしょうけれど…笑)。

★NHK『植木等とのぼせもん』第3話。





…やはり「ガチョ~~~ン!」の画面は動かない…何なのでしょう、これは現場の様子を写している(加工されるのはカメラを通してのみなので)という描写なのですかね?。よく判りませんが。





…そんな浜野謙太くん扮する谷啓さんの妻に扮するのは、細野今日子さん?。





…スナック“たぬき”のママに扮するのは、坂井真紀さん。時代設定は65年…67年でしたっけ?、いずれにせよ、この当時、“スナック”と称するバーがあったのかどうか???。

★寺島しのぶさん主演のNHK『OH LUCY!』テレビドラマ版。…映画版は来年公開ということですが、尺が長くなるというだけで(エピソードが追加されるという感じ?)、ストーリーそのものには大幅な変更はないのでしょうか?。







…忽那汐里さんのメイド役、イケています(笑)。







…でも少しでもバランスを崩して、“忽那汐里さんのそっくりさん”になると、とてつもなくブサイクな人になるのではないかと思いますね(笑)。でも英語にも堪能なので、ハリウッド映画に出演されるのは、イイことです(ヘンにお偉くなられても困りますが)。





…で、その忽那汐里さんのメイド姿に気を取られていたら、うっかり見過ごしそうになったのが、大後寿々花さんのメイド姿ですよ(笑)。そういうと、寺島しのぶさん扮するヒロインの会社の同僚役で、元AKB(しかもかなり最初のほう)のメンバーだった加弥乃さんが出演されていましたね。
 

京都地方、急に台風襲来!

 投稿者:市村  投稿日:2017年 9月17日(日)21時33分23秒
  ★今朝のEX『仮面ライダービルド』に東風万智子さんが出演していて(怪人に変身させられた母親役)、ネット上では「真中瞳が出ていてワロタ」とか言っている人がいるけど、近年のドラマ出演だけではなく、改名したのも知らないの?…と(笑)。

★TBS『ハロー張りネズミ』最終回。





…昨今の“探偵もの”は、連続ものの中に一回は“田舎へ行く”か“横溝正史もの”が登場しますね。この最終回も探偵事務所の面々が、柄本時生くん扮する依頼者の実家である田舎へ出かけます。







…確かに鄙びた風景の中の深田恭子さんは、異質ながら絵柄としては面白い。





…ただ今回、深田恭子さんの笑顔を見て、口元のシワにちょっと年令みたいなものを感じてしまったのですが…いや、見なかったことにします(笑)。





…初回から最終回まで、ほとんど片手にアルコール類を持っていた山口智子さん扮する探偵事務所の所長。NHK『純ちゃんの応援歌』が懐かしい…(笑)。

★NHK『ひよっこ』、考えてみれば、もう残りわずかとなりましたね。急遽、あと半年延長すればどうかな?(吉本興業の創業者の話なんて、今さらどうでもええわ…笑)。





…「松下電機?」(爆)。ナイス!、愛子さん(笑)。





…恋愛シーン(?)に登場する“君が好きのテーマ”(?…笑)、60年代後半の「パヤパヤ」感もうまく出ていて、イイ曲ですよね。





…そして何だかこのところ、番組終わりや予告編の中で、お茶の間(視聴者)に向かって放たれる、有村架純さんのサービスカットが多いような気がします(笑)。
 

台風に要注意

 投稿者:市村  投稿日:2017年 9月16日(土)07時44分0秒
  ★まさちゃんさん、情報提供有難うございます。

◆◆◆◆◆◆◆

★ミサイルで騒ぎ過ぎ…。太平洋上に落下させるためには、どうしても日本の上空を飛びますよね。陸地から2,000kmも離れているんでしょう?。それでNHKの支局員が上空を通過したとされる北海道・襟裳の人に感想を聞いたりして、そんなもの何の意味があるのでしょう?(笑)。ちょっと位置がズレたら東京の上だって飛び越しますよ。そういう意味では、一番、騒がなければイケないのは(どうなっているのかは知りませんが)、グァムとかの人なのでは?。で、「市村、何をのんびりしたことを言ってるんだ!?」…という人もいるかもしれませんが、だったらとっとと憲法を改正するなりして軍備(もちろん防衛のため)を増強しておけば良かったじゃありませんか。拉致被害者やその関係者に過度に気を使うあまり(…ここはちょっとお叱りを受ける意見かもしれませんが)、これまで強行な対応を行なわなかったツケとも言えませんか?。あるいは北朝鮮に核開発の資金が渡るのを防ぐため、そしてついでに(笑)ギャンブル依存症を減らすためにも、全国のパチンコ店を縮少させれば良かったじゃないですか(これこそ叱られる…笑)。また少し考え方をズラすと、北朝鮮を核保有国だと認めてしまうという選択だってあるわけですよね。だって、アメリカや中国はもちろん、インドやパキスタンだって核を保有しているけれども、特には日本と戦争をしようとは思っていませんよね?。北朝鮮だって、各国からの締め付けを解除してもらって、他の国々と同じく普通に豊かになって暮したいと思っているだけで、何も世界征服をしようと考えているわけではないのかもしれませんよ(おそらく)。しかもこの件に関して実は日本は蚊帳の外なのかもしれないし…(笑)。

…ただ、前の戦争での例を見ても、あまり日本人という生き物を挑発しないほうがイイというのも事実だと思います。急に日本全体が、「あ、それなら、やってやろうじゃないか」(笑)…と、国民の意識が変わるほうが危険なのではないでしょうか。爆弾は搭載されていなくても、ミサイルが確実に日本の領域内に落下した途端、日本人の意識が変わるような気がしてなりません(大半が農民出身なのに、急に武士になった気になる…笑)。以前にも話したと思いますが、私がデザイン学校の生徒当時、誰かが持って来たモデルガンを見て、「さすがに人は撃てないよね」などと話していたら、京都府のデザイン協会の会長だった先生(大正生まれで出征体験あり)が、「でも昨日まで一緒にメシ喰ったり風呂に入ったりしていた仲間が、目の前でポンと撃たれて倒れたら、もう向こうから来る奴ら全員撃ってやろうと誰もが思うようになるもんやで」…と。藤竜也さん扮する“秀さん”じゃありませんが(笑)、それが戦争というものだと思います。政府の正しく冷静な対応に期待したいですね(そういう意味では、現在、民進党などの政権じゃなくて良かったのは事実…笑)。

★関西ローカルのABC朝日放送の新人女子アナ(今年の4月に入社)、津田理帆さん。兵庫県伊丹市のご出身だそうです。







…カニで有名な兵庫県の香住から中継をされていましたが、どことなく国仲涼子さんっぽい雰囲気です(笑)。関西ローカルの女子アナの中では、かなりビジュアル的に優れておられます(笑)。
 

続き

 投稿者:まさちゃん  投稿日:2017年 9月15日(金)10時35分16秒
  全体のページ(若いときの写真)
https://ginzamag.com/archives/32293
一度に送ろうと書いていたら失敗したので、すみません。

しかも松井誠くんが浅丘ルリ子さんの顔を知らないなどという設定って…(笑)。
これ、松井さんが浅丘さんの元カレだということで、倉本さんがわざとやっているのは、ご存知ですよね?
 

gunzaの藤さん

 投稿者:まさちゃん  投稿日:2017年 9月15日(金)10時30分7秒
  gunza9月号の藤さんのインタです。
https://ginzamag.com/archives/32893
浅丘ルリ子さんのインタ
https://ginzamag.com/archives/32883
石坂さん
https://ginzamag.com/archives/32581
 

レンタル掲示板
/41