teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:132/412 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

あなたのことはそれほど…(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 4月19日(水)09時04分24秒
  通報 編集済
  ★KBS京都で放映された前田敦子さん主演の2014年AKS/日活『Seventh Code セブンスコード』(60分ものの中編)を見ました。前田敦子さん扮する女性が、ウラジオストックを訪れるところから物語は始まります。





…開巻早々、大きなバッグを引いた前田敦子さんがウラジオストックの街を走るという絵柄が面白い。それにしても改めて見てみると、ウラジオストックって、北海道の函館と札幌の中間くらいの緯度にある街ですが、大都会なんですね。でも寒そう。何もかもがグレーっぽい感じ?。





…ヒロインは六本木で出会ったという鈴木亮平くん扮する男性を追って、彼の仕事先らしいウラジオストックまでやって来たのです。明らかに“痛い”女性…(笑)。





…そんな彼の仕事上の取り引き相手である怪しい男たちに拉致されて、ズタ袋に入れられて郊外に捨てられたヒロイン(笑)、山本浩司くん扮するレストランの経営者の世話になります。





…愛茜/アイシーさん扮するのは、レストランの経営者の恋人。夢ばかり見ている経営者に愛想をつかせて出て行きます。

…さて、ここでネタばれ(笑)。そもそもミュージックビデオを劇場公開したみたいなことらしいので、おそらく今後もご覧になる機会はほとんどないと思いますので。…鈴木亮平くん扮する男性は、どうやらロシアンマフィアと取り引きをしていて、しかも核爆弾を作るための電子部品を密売しているようなのです。そこでついにヒロインは男性のマンションへ連れて行かれるのですが、何と!ヒロインは、その電子部品を入手する依頼を受けたエージェントなのでした(笑)。ここで鈴木亮平くんとの格闘シーンがありますが、これがちゃんとしたものになっています。そして男性を射殺して電子部品を入手したヒロイン、サーカスの劇場でロシアの(?)政府の高官から大金を受け取り、ダイナマイトの積まれたトラックの荷台に乗せてもらってハバロフスク方面へ。広大な土地に続く道路で敵が追って来ます。彼方のほうで銃撃戦、そして大爆発が起こって…。監督・脚本は黒沢清さん。終わってみると、なるほど、ヒロインは拉致された時も自分で縄を解いて脱出しますし、普通の娘ではないという伏線も引かれてあったわけで、なかなか面白い作品でしたよ。ウラジオストックの景色が効いています。

★CX『CRiSiS~』第2話。今回分は、実際にもありそうな社会の闇の部分に手を突っ込んでいましたね。ラスト、石黒賢くん扮する政治家が赤いネクタイについて記者に問われているシーンがありましたが(製作時期のほうが早かったのか)、ここでアニメの柄のネクタイを付けておいてほしかったですね(爆)。





…クレジットを見て、仲村瑠璃亜さんがどこに出ていたのかと思ったのですが、この人質役のようですね。2005年EX『アタックNo.1』でもっとブレイクすると思ったのですけれども。

★TBS『あなたのことはそれほど』第1話。EXのドラマのダメな点は、“ヘタクソなマイナーチェンジ”だと思っていますが(笑)、TBSのドラマのダメな点は、“前にもやったでしょ”ですよ(笑)。







…しかも昔なら、このヤバい夫を佐野史郎さんなどがうまく演じてくれたわけですが、今回の東出昌大くんにそれが出来るのかどうか。加えて、私はやはりこの波瑠さんが綺麗だとはとても思えないのです。
 
 
》記事一覧表示

新着順:132/412 《前のページ | 次のページ》
/412