teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:213/432 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ドラマ視聴も平和そのものですが(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 4月17日(月)01時13分49秒
  通報 編集済
  ★“北朝鮮、ミサイル発射も失敗か”…ネットニュースにもそんな見出しが出ていますが、これはわざと失敗したのでは?…いや、失敗でさえないのかも。発射直後に爆発したということですから、自爆させたのでしょう。航続距離1,000kmのミサイルの発射が成功したということになると、確実に日本本土に達しています(日本をまたいで太平洋に落下していても状況は同じでしょう)。でもそれは出来ません、当然のごとく戦争になりますから。でも北朝鮮の上層部なりは国内に向けては威信を示さなければイケません。何か派手な花火を上げる必要がありますが、そこで中を取って(笑)ミサイルはちゃんと発射したけれども(日米におもねることなく)残念ながら失敗したという形にしたのではないですか?(笑)。

…で、またそんな日に限って開催しなくてもイイのに、某・花見大会の招待客の顔ぶれが物凄くわざとらしいことね。何でしょう、まさに流行りの“忖度”があったような、誰かが誰かにおもねたりというような顔ぶれで…。政権の体面を保つための“格好だけ”という感じ?。

★NHK『ひよっこ』、特番など支援番組も充実していそうです(笑)。





…柱にフラフープがかけてあるあたり、この作品の考証が頑張っているところ(笑)。





…カレーを食べる時に、ヒロインの弟が頭にターバンらしきものを巻いていますが、当時流行った芦屋雁之助さんの「インド人もびっくり!」のカレールウのCMのマネ。ただ、年代から行くと、この弟はまさに当時の私と同じくらいの歳なのだと思います。そう考えると、私はこんなモノマネはしていませんね(笑)。1964年当時、幼い私の中では何が流行っていたのでしょう?。

★NTV『ボク、運命の人です。』第1話。山下智久くん扮する、ごくごく一般的な容姿の男性が運命の(?)神さまって…(笑)。





…亀梨和也(KAT-TUN)くん扮する主人公の同僚に扮しているのは、岡野真也さん。皆さん、そろそろ“女優”だと認識されましたでしょうか(笑)。





…今回は菜々緒さんは悪役ではなく、普通の役柄のようです。やっと悪役から解放ですか(笑)。





…やはりエンディングには踊るんだ…”文乃をプロデュース”(笑)。

★NHK『4号警備』第2話。二話分で一つの話という展開なのでしょうか?(初回のみ?)。





…阿部純子さんのゴツゴツした(笑)お顔がたまりません。

★CX『ボクらの時代』、旧知の仲らしい相武紗季姉妹と木南晴夏姉妹の四人の共演です。







…うーん…この二組は、妹さんのほうがイケているパターンでしょうか(こら…笑)。

★TBS『小さな巨人』第1話。





…あ、そうか、巨大不明生物統合対策本部で恋が芽生えたのか(爆)。





…何だかこの枠の顔になって来たかのような香川照之くん。でもどの役も身内だったら鬱陶しい人ばかり(笑)。

…それにしてもこの枠は、勢い勝負の作品が多いですね。で、何かというと、すぐに土下座みたいなことをする(させる)んじゃないよ!(笑)。
 
 
》記事一覧表示

新着順:213/432 《前のページ | 次のページ》
/432