teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


泣いたぜ

 投稿者:GM  投稿日:2017年 5月24日(水)01時08分29秒
  初めて映画館で見たのは「黄金銃を持つ男」でした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000022-flix-movi

 
 

“ひよっこ”たちに釘付け(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 5月23日(火)07時54分13秒
編集済
  ★映画『銀魂』(これもある種の“京都もの”ですか?)から菜々緒さん。





…原作マンガのキャラクターより綺麗というのも珍しい(笑)。

★NHK『ひよっこ』、今週も最初から飛ばしています(笑)。





…沢村一樹くん扮するヒロインの父…何でしょう、韓流ドラマの…いや、そのまた元となっているっぽい60年代の映画のベタベタな展開として、“交通事故に遭って記憶喪失になっている”?(爆)。そして“すずふり亭”の料理を食べて、記憶が戻る?。





…松本穂香さん扮する澄子が主任さんに質問をされて答えます。
「あ、テレビでやってる…あの、グッと飲むやつ…ナポリタン…Bだっぺか?」
「違います。違うし、しかも間違ってる」
「あ!、Cか。な」
「そもそもそれではないし、間違ってる!」(爆)

…しかも時間を置いてまだ「Dだ!」とか言ってるし(笑)。





…藤野涼子さん扮する豊子は通信制の高校で良い成績を取ったという。有村架純さん扮するヒロインのナレーション。
「豊子、凄いです。偉いです。そして…可愛いです」

…ヒロインのナレーション(暑中見舞い風)という形ではありますが、これらの登場人物たちの紹介みたいなものは明らかに岡田惠和さんがいかにキャラクターたちを愛しているかの証明でしょう。何より藤野涼子さんの目標とする女優さんは吉永小百合さんだというのですから頼もしい。





…実年令は最も若いのに、最もベテランの八木優希さん。目立つわけではない役を安定感を持って演じてくれています。





…「判っちゃいるけどやめられない!」
…ヒロインの弟がまさに岡田惠和さん自身だと思うのですが、実体験(当時の流行りを覚えている)から来るギャグ。残念ながら遅れて来た60年代前半生まれの男子には書けません(笑)。





…「みね子さん、ちょっと誘ってみて。断るから」
…実はよほどヒロインたちと一緒に海へ行きたかったらしい和久井映見さん扮する舎監さん。今期の助演女優賞は、和久井映見さんでイイかもしれませんね(笑)。

…しかし“物語”はほとんど進まない(笑)…でも面白い。何だか不思議な朝ドラです。
 

家族はつらいよ(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 5月22日(月)03時03分25秒
  ★先週、何かのバラエティ番組で有村架純さんのお姉さんという人を初めてしっかり見ました。失礼ながら有り体に言うと、何ともブサイクな人(「松嶋菜々子さんに似ていると言われるんですー」とか自称する、ビミョーに似ていない素人という感じ?…笑)。そして、ネットニュースを見ると、今度は雑誌の袋とじページでヌードになって(…どこまで見せておられるのかはともかく)おられるという…そりゃ、お姉さんはお姉さんだし、有村架純さんは有村架純さんという個々の存在だと思いますよ。しかし、今、有村架純さんの出演するNHKの朝の連続テレビ小説の評判もどんどん良くなって来ているこの時に(いや、逆に“この時だからこそ”かもしれませんが)、イメージ戦略から考えても、妹の足を引っぱりかねない動きはやめてほしいものですよね。せめて、NHK『ひよっこ』が終わった10月くらいから活動してもらうとか(笑)。皆さん、どう思われます?。

★NHK『みをつくし料理帖』第2話。





…幼い頃のヒロインに扮する子役の女の子、これがなかなか黒木華さんに雰囲気が似ています。かなり探した?(笑)。





…そして安田成美さん扮する御寮人さん、「この出汁は!?」とおっしゃるその“出汁”のイントネーションがおかしかったです(笑)。全く逆という感じ?。

★NHK『4号警備』最終話。







…ジャージを着た女性の殺し屋の登場です(笑)。拳銃やショットガンを乱射して、これがなかなか面白い。演じているのは、JAE/ジャパンアクションエンタープライズ(旧・JAC)所属の佃井皆美さん。





…ここでの木村多江さんも、いつもと違う、しっかり自立した(不幸でもなさそうで…笑)女性を演じておられたので、面白かったです。
 

お知らせ、有難うございます

 投稿者:市村  投稿日:2017年 5月22日(月)01時08分49秒
編集済
  >>マヤの暦さん
>市村様ご指摘の点については、反映していない部分もありますので、ご了承ください
★リンクされているURLからWebページを拝見しました。繰り返しになりますが、拝見した中では、兼六園のカフェのウェイトレスさんに扮している女優さんが、岩沢昭栄〔あきえ〕さんとなっているところ、やはりこれは千波可奈子さんに違いありません。岩沢昭栄さんは日活映画で言うと、64年度の作品(有名なのは『愛と死をみつめて』での吉永小百合さん扮するヒロインの友人の一人)にしか出演されていないので(厳密には、クレジットなしで63年と65年度の作品に出演あり)、『ある日わたしは』が作られた当時はもう出演されていないのではないかと思います。また金子家の次男に扮している男性は、誰なのかは判りませんが、近藤秀明さんではありません。近藤秀明さんは、日活映画でいうと、66年の石原裕次郎さん主演の『夜のバラを消せ』で、由美かおるさん扮するヒロインの弟役や、67年の舟木一夫さん主演の『北国の旅情』で、十朱幸代さん扮するヒロインの妹(小橋玲子さん)の友人役で出演されたりしていて、そこでも確認出来ます。
 

テレビドラマ『ある日わたしは』のサイトについて

 投稿者:マヤの暦  投稿日:2017年 5月21日(日)10時03分30秒
編集済
   市村様

 先日は『ある日わたしは』のキャストに関する貴重なご意見有難うございます。

 キャストの役名ですが、幸いにも「早稲田大学演劇博物館」に『ある日わたしは』の脚本が全話保管されています。ただ、脚本のキャスト(空白が多い)や役名が変更されている場合もありますので、やはり実際のドラマを観て、確認していくことが肝要と思います。

 ゴールデンウィークの休みを利用して、『ある日わたしは』の保守作業を集中的に行いました。情報の誤り、誤字脱字が多々あり、作業をして情けなくなってきました。まだ、非公開の部分はありますが、下記のURLでアクセス可能です。

 なお、市村様ご指摘の点については、反映していない部分もありますので、ご了承ください。

 今後もご指摘事項や情報がありましたら、ご教授して頂ければ幸いです。

 ■URL:http://ysotake.movie.coocan.jp/abierto/ishizakatv/page494.html
 

担当者は誰だ?(スッとぼけて一言…笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 5月20日(土)14時28分33秒
編集済
  >わが家ごときを参照してるとは思いませんが
★いやいや、そのまんまいただいていると思いますよ(???…笑)。だって、ちゃんゆうさんのWebを見れば、きっちりまとめられているので、改めて調べたりしなくても良くて、時間も予算も大幅に節約出来ますから。そして、丸々持って行くのではなく、主な(有名な)出演者の名前しか掲載しないということは、もしちゃんゆうさんのWebに間違いがあったとしても“いただいた”ことがバレにくい(別のところで調べたと言えなくもない…笑)。

…今後出る各作品の巻は製作が進められているのでしょうが、まだせいぜい数作分しか作られていないと思いますので、そこでわざとらしい間違いを出させるために(笑)、わざとWeb上に誤植を混ぜておきますか、しかもちゃんゆうさんと示し合わせて、同じところを(爆)。でも一覧表があるくらいですから、すでに全作品分、データだけは取り込んでいるかもしれませんが…(やはりこれもあくまでも推測です…笑)。

…まあ、真面目な話、最初からちゃんゆうさんに一言挨拶をしておけばイイのですよ。誰も協力しないとは言わないわけですから。著作権みたいなものを重んじるくせに(Web上に画像を掲載しないように…とか)、逆にそんな簡単にデータを持って行かないでほしいですよね。じゃあ、こっちも好きなようにするぞ…と(笑)。私だって他のWebの掲示板やSNSなどで、「こんなWebを作っています、見に来てください!」などと言ったことは一度もありません。ちゃんと怪しい取り決め(?…笑)を守って来たわけですから。
 

フムフム

 投稿者:ちゃんゆう  投稿日:2017年 5月20日(土)13時51分26秒
  わが家の情報はいっちーさんのご教授の賜物ですから。
確かに「東都航空」表記は他では見当たりませんねぇ。プレスシートでは「日本空輸」になってるし。
わが家ごときを参照してるとは思いませんが、コレに関してはいちゃもん付ける専用ページを作る予定で手ぐすねを引いて待ってます。
 

6月も二作の日活映画の放映あり

 投稿者:市村  投稿日:2017年 5月20日(土)00時46分22秒
編集済
  ★文藝春秋社刊《週刊文春》から、高島彩さん。







…造形的には特に美人というわけではないと思うのですが、何だか可愛いですよね。そういうと、昨日見せていただいた62年日活『何もかも狂ってやがる』という吉行和子さんと寺田誠(現・麦人)さん主演のひねくれた(笑)青春ものに、主人公を連行しに来る“刑事B”として何のセリフも発せずに、お父さん(高島史旭〔後に竜崎勝〕さん)が顔を見せておられましたね。

★56年日活『極楽剱法 地獄剱の挑戦』という時代劇を見せていただきましたよ。明智三郎(後に十三郎)さんが主人公である木曽の山奥で十数年修行していた剣士と、江戸幕府転覆を企む由比正雪の二役を演じておられます。





…江戸へ向かう主人公に同行することになる、ある大名の供侍に扮するのは、安部徹さん。善玉であることも珍しいですが、この侍が強いの何の(もちろん、主人公の次に…笑)、大勢の敵をバッタバッタと倒して行きます。元々、安部徹さんって、陸上選手か何かだった方らしいので、運動神経はイイのでしょうね、動きにキレがありますよ。二人の道中に利根はる恵さん扮する街道の女スリも加わります。





…もう一人、旅に加わるのは、主人公が路銀稼ぎに道場破りを行なう沼津あたりの道場主の娘(主人公が無理矢理、花嫁として押し付けられる)。新倉美子という、そもそも歌手らしい女優さんが扮しています。日活入社第一作だそうです。なかなか綺麗な人ですよね。





…道場主の娘を乗せて主人公を追う駕篭かき(画面左)に扮している男優さんの顔が長いのが気になります(笑)。







…そもそも道場の門下生に扮するエキストラの男性、やはり顔が長いぞ…これって…(笑)。

★NHK『ひよっこ』、それこそ往年の映画評論家のセンセたちが、日活映画は不良の映画だなどと決めつけて評価しなかったため、それをそのまま鵜呑みにして、やはり日活映画を見ていない後進が多いですね。だから、『ひよっこ』を日活映画と重ねて解説(評論)している人(プロもアマも)がほとんどいませんね。偉い映画ライターのセンセの言うことであっても耳を貸さず(笑)、どんな映画でも自分の目で見てみましょうよ。





…新しいジャンル(?)“うっとうしい可愛い”(爆)伊藤沙莉さん。
 

一般的なファン向け?(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 5月20日(土)00時20分28秒
  ★届いたぞ!、朝日新聞出版刊《DVDコレクション 石原裕次郎THEATER》第1巻(57年日活『嵐を呼ぶ男』)。





…出演者などのデータに関しては、簡易なものしか掲載されていませんでした(DVDの中にも含まれていません)。作品のタイトルバックにクレジットされている出演者は44名、誌面に掲載されている出演者は21名です。2009年のDVD-BOXの時に、クレジットなしの出演者までは載せなくても良いと言ったらしい(新たに権利関係が生じては困るということらしい)、実は映画というものに大して興味のない日活本社の一派?(あくまでも推測で私見です…笑)の担当かもしれません。佐藤利明さんに依頼しても別途予算がかかるので、それもやめた?(爆)。

…中に“石原裕次郎出演映画データ”という、石原裕次郎さんの出演作を製作順に紹介、スタッフや数人分の主な出演者、石原裕次郎さんの役名・役柄などをまとめた4ページに渡る一覧表がありますが、これを見ますと、おそらくちゃんゆうさんのWebを参考にしているのだろうと推察します。例えば、61年日活『あいつと私』の項目で主人公が通う大学名が“恵明大学”となっている点。台本か何かには書かれてあるのでしょうけれど、私は(私のWebでは)作品を見る限りは判明しないので、そもそもの“K〔ケイ〕大”としか表記していません。そして中でも顕著に判るのは、59年日活『天と地を駈ける男』の項目で、主人公のパイロットの関係航空会社が、“東都航空”と書かれてある点。ちゃんゆうさんのWebには、台本(脚本)では“東都航空”と書かれてあるのを、実際の作品では、主人公は“稲葉航空(主人公の個人の会社)”を倒産させた後、“JAS/日本遊覧航空”の操縦士(訓練生)になるということがちゃんと書かれてあるのに、そのまま元の“東都航空”を採用してしまっています。この“東都航空”というのは、日活本社のWebのデータにも、キネ旬の作品紹介にも掲載されていませんし、当然、私のWebでも掲載していませんので、ちゃんゆうさんのWebを参考にして、そしてちょっとミスを冒したということになるかもしれません(笑)。まあ、この作品が取り上げられる巻が刊行される時には、訂正されるかもしれませんが。

…ただクレジットのある出演者を全員は紹介しないのに(笑)、クレジットなしの出演者には言及していて、ラストの公演のシーンにクレージーキャッツの安田伸さんが顔を見せておられること(これも平成になって発見したのは、私でしたっけ???)などはきっちりと画像入りで紹介されてありますよ。こういうあたりもちゃんゆうさんのWebから“いただいて”いるのではないですか?。58年日活『嵐の中を突っ走れ』での赤木圭一郎さんに関しても紹介するのかどうか気になりますね(笑)。

…誌面には見開きで日活撮影所の敷地内の見取り図のようなイラストがありましたが、スタジオの裏のほうには橋を含む(京都の撮影所にもありますよね)時代劇のセットがあったことを初めて知りました。後に時代劇を撮らなくなって、そのスペースに“日活銀座”を作ったのでしょうかね。

…で、この《DVDコレクション 石原裕次郎THEATER》第1巻、希望者があれば進呈します!(笑)。
 

見ましたよ、愛子さま(笑)

 投稿者:市村  投稿日:2017年 5月19日(金)17時01分58秒
編集済
  ★7月期以降の連続ドラマの情報がいろいろ出て来ましたね。でもまずは6月放映開始作品から(笑)。

●NHKBSプレミアム『ソースさんの恋』 6月1日 木曜午後11時~
 出演/ミムラ、千葉雄大、岩崎ひろみ、栩原楽人、阿部進之介、萩原みのり、竹内寿、田原可南子、スギちゃん、松田悟志、他
 …コンビニでバイトをする美大生と毎夜8時にソースを買いに来る謎の女性による、サスペンス要素ありのラブストーリーだそうです。

●CX『屋根裏の恋人』 6月3日 土曜午後11時40分~
 出演/石田ひかり、今井翼、高畑淳子、勝村政信、三浦理恵子、大友花恋、松澤一之、高橋楓翔、速田隆成、他
 …サスペンスホラーだそうです。

●TBS『怪獣倶楽部~空想特撮青春記~』 6月6日 火曜深夜(水曜未明)1時28分~
 出演/本郷奏多、他
 …実在した怪獣の同人誌を作る団体がモデルの物語。メトロン星人(ちゃぶ台を挟んで会話する?)などのウルトラ怪獣が続々登場するらしい(笑)。

●NHK『神様からひと言~なにわ お客様相談室物語~』 6月10日 土曜午後10時~
 出演/小出恵介、岸井ゆきの、三宅弘城、吉沢悠、小泉孝太郎、市毛良枝、草笛光子、段田安則、他
 …食品メーカーのお客様相談室に配属された主人公が各種のクレームに対応する物語だそうです。

●WOWOWプライム『犯罪症候群 Season2』 6月11日 日曜午後10時~
 出演/玉山鉄二、谷原章介、渡部篤郎、甲本雅裕、ミムラ、鶴田真由、桜田ひより、要潤、高橋光臣、相島一之、竜雷太、木村多江、野間口徹、手塚理美、板尾創路(130R)、他
 …シリーズ第2弾。

●NTV『孤食ロボット』 6月19日 月曜深夜(火曜未明)0時59分~
 出演/有岡大貴(Hey!Say!JUMP)、高木雄也(Hey!Say!JUMP)、八乙女光(Hey!Say!JUMP)、三倉茉奈、森田甘路、郭智博、今井隆文、宮地雅子、阿南健治、温水洋一、他
 …体長25cmのアンドロイドたちが料理下手なOLや熟年離婚の危機にあるオジさんなどを“ご飯”で元気付けて行く物語だそうです。

●NHK『ブランケット・キャッツ』 6月23日 金曜午後10時~
 出演/西島秀俊、吉瀬美智子、酒井美紀、島崎遥香、唐田えりか、美保純、蓮佛美沙子、他
 …重松清原作作品。妻が残した7匹の猫の飼い主を探す家具店の店長と幼なじみの獣医を中心に描くハートフルなドラマだそうです。

●WOWOWプライム『宮沢賢治の食卓』 6月17日 土曜午後8時15分~
 出演/鈴木亮平、石橋杏奈、山崎育三郎、市川実日子、神野三鈴、平田満、柳沢慎吾、おかやまはじめ、竹財輝之助、井之脇海、犬飼直紀、他
 …宮沢賢治の青春ドラマを描いた人気マンガを映像化。

◆◆◆◆◆◆◆

●WOWOWプライム『アキラとあきら』 7月9日 日曜午後10時~
 出演/向井理、斎藤工、田中麗奈、賀来賢人、木下ほうか、堀部圭亮、松重豊、瀧本美織、永島敏行、尾美としのり、石丸幹二、他
 …メガバンクに入行したエリートと天才を描く池井戸潤原作作品。小林旭さんと中尾彬さんの話じゃないですよ(爆)。

●NHK『悦ちゃん』 7月15日 土曜午後6時5分~
 出演/ユースケ・サンタマリア、平尾菜々花、門脇麦、石田ニコル、他
 …昭和10年頃の東京・銀座を舞台にした(この枠は、“時代劇”枠ではなく、“時代ドラマ”枠なのですね)笑って泣けるラブコメディーで、10歳のおてんば娘が売れない作詞家である父親を再婚させるため奔走する物語だそうです。しかし、“悦ちゃん”って、戦前にいた女優(子役。映画タイトルとその役名から取った“悦ちゃん”そのものが芸名)からいただいているのですかね?。

●NTV『愛したって、秘密はある。』 7月 日曜午後10時30分~
 出演/福士蒼汰、川口春奈、鈴木保奈美、小出恵介、遠藤憲一、山本未來、岡江久美子、鈴木浩介、堀部圭亮、柄本時生、佐伯大地、白洲迅、矢柴俊博、他
 …秋元康企画原案…とにかく川口春奈さんをまたまた“低視聴率の女王”みたいにしないように!(笑)。

●TBS『ごめん、愛してる』 7月 日曜午後9時~
 出演/長瀬智也(TOKIO)、吉岡里帆、坂口健太郎、大竹しのぶ、池脇千鶴、中村梅雀、六角精児、大西礼芳、大智、山路和弘、草村礼子、他
 …04年放映の韓流ドラマをリメイク(?)。…おそらく見ない(爆)。

●TX『居酒屋ふじ』 7月 土曜深夜(日曜未明)0時20分~
 出演/永山絢人、大森南朋、他
 …東京・中目黒に実存する居酒屋を舞台に描かれるヒューマンドラマだそうです。

●TX『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』 7月 金曜午後8時~
 出演/小泉孝太郎、松下由樹、安達祐実、木下隆行(TKO)、六角精児、岸明日香、石丸謙二郎、加藤茶、大杉漣、他
 …シリーズ第2弾。松下由樹さんには、若いナースの面倒を見てほしいですね(笑)。

●NTV『ウチの夫は仕事ができない』 7月 土曜午後10時~
 出演/錦戸亮(関ジャニ∞)、松岡茉優、他
 …仕事が出来ない残念な夫が、妻の妊娠をきっかけに出来る夫に変貌しようとする新感覚のホームドラマだそうです。

●TBS『カンナさーん!』 7月 火曜午後10時~
 出演/渡辺直美、他
 …人気コミック原作。アパレル会社勤務のデザイナーである主婦が主人公だそうです。

●TBS『ハロー張りネズミ』 7月 金曜午後10時~
 出演/瑛太、深田恭子、森田剛(V6)、山口智子、中岡創一(ロッチ)、片山萌美、リリー・フランキー、蒼井優、他
 …弘兼憲史原作作品。毎回、雰囲気の違った作品になるそうで、NTV『~濱マイク』みたいな感じ?。

●CX『コールド・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』 7月 月曜午後9時~
 出演/山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介、他
 …単なる続編というだけではなく、何としてでも“月9”枠を復活させたい(社長は変わっちゃったけれど…笑)という意気込みが伝わっては来る(結果は判らない…笑)、現時点では贅沢なキャスティングですよ。沖縄美人二人の共演だけでも見る値打ちはあり(笑)。

●EX『黒革の手帖』 7月 木曜午後9時~
 出演/武井咲、他
 …有名な“あれ”ですけれど、武井咲さんには荷が重くないですか?。声が可愛過ぎる(笑)。

●TX『さぼリーマン甘太朗』 7月 木曜深夜(金曜未明)1時~
 出演/尾上松也、他
 …“スイーツ男子”を描いたコミック原作作品だそうです。

●NHKBSプレミアム『伝七捕物帖2』 今夏 金曜午後8時~
 出演/中村梅雀、田中美佐子、徳重聡、上遠野太洸、ベンガル、小芝風花、風見しんご、大塚千弘、松平健、他
 …シリーズ第2弾。

●WOWOWプライム『プラージュ~訳ありばかりのシェアハウス~』 今夏放映 土曜午後10時~
 出演/星野源、仲里依紗、石田ゆり子、眞島秀和、中村ゆり、渋川清彦、スガシカオ、他
 …逮捕されて仕事も家もなくした主人公が“訳あり”な人物ばかりが暮らすシェアハウスに入居することになる話だそうです。シェアハウス“プラージュ”のオーナー役に石田ゆり子さんを持って来るあたり、ちょっとズルくないか?(笑)。

●NHK『アシガール』 9月23日~ 土曜午後6時5分~
 出演/黒島結菜、健太郎、他
 …人気コミック原作。脚力だけが取り柄の女子高生が戦国時代にタイムスリップ、愛する若君を守るために足軽になる…またまたお気楽に(?)タイムスリップするんですか!?(笑)。

●NHKBSプレミアム『赤ひげ』 11月3日~ 金曜午後8時~
 出演/船越英一郎、中村蒼、大後寿々花、古舘佑太郎、前田公輝、他
 …2時間サスペンスが減って来て、船越英一郎くんが往年の作品のリメイク男優に…(笑)。
 

レンタル掲示板
/48